いつでも快適な衣服を身につける為に必要なこと

塩素系とか酸素系とか、細かいことは気にしない

排水ホースや排水口は自分で洗うことも可能

洗濯物の汚れは洗濯槽のカビが大半の理由です。
しかし洗濯機本体もかなり汚れている場合は排水ホースや排水溝を綺麗にすると大分すっきりするのではないかと思います。排水ホースを取り外すのは少し緊張しますが、説明書に載っている場合が多いので、そちらを参考に外してみてください。あくまで自己責任になりますので、不安を感じる方はやめておいた方が良いと思います。排水溝の汚れ落としは専用の洗剤があるので、割と簡単ではないかと思います。
もちろ、洗濯機本体も結構汚れている場合は、歯ブラシや綿棒などで細かい汚れを取っていき、仕上げに雑巾で拭き取ればかなり綺麗になります。年末大掃除に洗濯機の汚れ落としも加えると、新年は綺麗な洗濯機で気持ちよく迎えられそうですね。

洗濯機の汚れを防止するために

洗濯機は毎日使うものなのでどうしても汚れてしまいます。
しかし以下に挙げるようなことを心がければ大きな汚れにはならないのではないでしょうか。
まず第一に、洗濯機の使用時以外は開けておくことが大切です。洗濯が終わった直後はまだ水が残っている場合も多く、湿気がある状態なので蓋を開けておいて乾かしておきましょう。
その他にも、汚れた衣類は洗濯かごに入れておくことや洗剤の量は適量を守る、などの注意事項があります。このまま洗うのだから、と脱いだ服を洗濯機に入れておくことはついついやってしまいそうですが、脱いだ衣類は皮脂汚れや汗がついていますので入れておく時間が長ければ長いほど洗濯機内の湿度が上がってしまい、カビの原因になるので気をつけましょう。溶け残った洗剤カスもカビの原因になるので適量を使った方が良いそうです


この記事をシェアする
TOPへ戻る