いつでも快適な衣服を身につける為に必要なこと

水回りの掃除に最適な洗剤は何か

浴室汚れの種類について

浴室の汚れには大きく分けて4種類の汚れがあります。
まず一つ目がピンクのぬめり(赤カビ)です。これはイスや浴室内、シャワーの付近によく発生しますがそれほどしつこくなく、濡れたスポンジでこするだけで簡単に落ちる汚れです。
次に黒カビです。これはタイルの溝によく発生しますが、有効なのは塩素系漂白剤です。洗剤をよく吹きかけ数分から数時間おき、よくこすって落としましょう。放っておくと取れなくなるので注意が必要です。
そして水垢や石鹸カスですが、これはアルカリ性の汚れなので酸性の洗剤を使うとよく落ちます。クエン酸やお酢、レモン汁でも落とすことが出来るので試してみてください。
最後は垢や皮脂汚れです。これは浴槽のヘリや床によくみられる汚れです。こちらは酸性の汚れになりますのでアルカリ性の洗剤を使うとよく落ちます。浴槽用の洗剤でも落ちるので、浴槽と一緒に掃除してみてください。

お風呂掃除は場所を決めて毎日やる

お風呂掃除は面倒ですが、毎日やらないとどんどん汚れがたまって更に面倒なことになるのでせめて浴槽は毎日掃除しましょう。
その他排水口は週に一回、浴槽のフタ、壁と床は3日に一回などという風に自分でサイクルを決めて掃除していくとそれほど汚くなることもなく綺麗なお風呂を保てると思います。
シャワーヘッドはクエン酸水に浸すと綺麗になります。意外に汚れているのでこちらも週に一回ペースでやっていくと良いと思います。
それから意外に知らないのが「エプロン」です。エプロンとは浴槽の洗い場側の側面についているカバーのことで、実は取り外し可能です。一年に一度くらいは取り外して中の黒カビをチェックしましょう。取り外しする時は説明書をよく読んでください。自信がない方はプロに依頼するという手段もあります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る